ややの日記

ややの雑記。Twitterの時間減らすために始めました。

英語でよく見る表現集



今村夏子がかつて住んでいた場所

太宰治賞:今村夏子さんの小説「あたらしい娘」が選ばれる (毎日新聞): 第26回太宰治賞(筑摩書房、東京都三鷹市共催)の選考会が10日、三鷹市内であり、大阪市東住吉区のアルバイト、今村夏子さん。

今村夏子は東大阪区なかつて住んでたらしい。幼少期は安佐南区に住んでいたらしい。

高卒で総理大臣になった人

宇野宗祐-平成の内閣総理大臣で学士の学位を持たない唯一の人物である。

宇野宗祐たった一人らしい。

大卒でないなら、田中角栄犬養毅原敬の三人がいる。

 

事務次官に学歴は関係があるのか

「東大卒、最低でも京大卒でなければ不利になる。スタート地点は両大学が当たり前で、むしろ高校がどこかで色分けされる」

 1府12省の事務次官のうち、東大法出身以外は、東大工2人と早稲田大学1人のみだ。そのうち、技官の事務次官を過去から輩出する国土交通省を除いた、現在の東大法以外の事務次官は、経産省の嶋田隆氏(東大工)と防衛省高橋憲一氏(早大法)だ。

やはり学歴は関係しそうだね。

技官(技術系行政官)出身の事務次官

各府省においては事務官優位の人事慣行のもと、事務官の就任するポストと技官の就任するポストは明確に区別されており、技官が事務次官に到達する例は少ない。しかし、建設省科学技術庁系統の官庁(国土交通省文部科学省)では、技官が事務次官を務めることがある。

建設省においては事務官と土木系技官が交互に事務次官となる慣行が存在し(いわゆるたすきがけ人事)、旧科学技術庁北海道開発庁では主に技官が事務次官に就任していた。中央省庁再編の国土交通省では建設省出身の事務官・同土木系技官・運輸省出身の事務官が順番に次官に就任しており、文部科学省では文部省出身の事務官と科学技術庁出身の技官が交互に就任している。環境省では環境庁入省の事務官と厚生省入省の技官と財務省からの出向者の3者が概ねたすき掛け人事で事務次官に就任している。中央省庁再編から2018年8月現在までに、技官出身の事務次官就任者は国土交通省6名(青山俊樹、佐藤信秋、谷口博昭、佐藤直良、徳山日出男、森昌文)、文部科学省5名(結城章夫、坂田東一、森口泰孝、土屋定之、戸谷一夫)、環境省2名(谷津龍太郎、関荘一郎)となっている。